どのようにして痩せたのか~93キロ→86キロまで


食事の糖質制限によって面白いように体重が落ちていった4ヶ月間。

2015年4月の終わりには体重は93キロにまで落ちていましたが、5月に入り順調に落ちていた体重が減らなくなってしまいました。

これがいわゆる停滞期。急激に体重が落ちていったため体の飢餓に対する防衛本能のような機能が働き、代謝による消費カロリーがセーブされ食事制限をしていても体重が減りにくくなってしまったわけです。

結局5月は93~94キロ台を行ったり来たり。

さらなる食事制限も考えましたが、カロリー制限をしようにもたんぱく質やビタミン・ミネラルなどの栄養素がうまく摂れなくなるのが嫌だった事と、何よりこれ以上摂取カロリーを減らすともっとこの防衛機能が働きそうだったので、他の打開策を考えた結果やはり「運動をすること」という結論に達しました。

しかし痩せたとはいえ体重が93キロもあるとランニングでは足に負担がかかりすぎ、かといってウォーキングでは負荷が弱すぎて時間が多く必要となってしまいます。

そこでランニングより負荷が軽く、ウォーキングより負荷が強い自転車に乗ることにしてみました。幸い管理人へろはタイヤをスリックというデコボコのないアスファルトの上を走りやすい物に変えたマウンテンバイクを持っていたため、数年ぶりに車庫から引っ張りだして5月の終わりくらいから毎晩10キロ程度走ったんです。

すると停滞していた体重が6月に入り減り始めました。

自転車は移動スピードが早いため、汗ばむくらいの負荷でも前方からの風によって体がうまい具合に冷却されて、長時間乗るのも苦にはなりません。調子にのって深夜まで走らせて何度か警察の方に呼び止められてしまうほど(しかもなぜか未成年と間違われて…)、夜のサイクリングは道も空いていて爽快でした。

こうして糖質制限の食事を続けながら、夜は自転車に乗るという生活を続けた結果、体重は再び順調に落ちていき7月後半には86キロまで落ちていったのです。

続く

スポンサーリンク

↑Twitterやってます…食事や運動などの小ネタ更新、そしてダイエットの情報交換にもどうぞ
にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク