運動前にコーヒーを飲むとダイエットに効果的らしい


なんでも筋トレや有酸素運動など、運動前にコーヒーを飲むとダイエットに効果的ということで、今月に入ってからジムに行く前にコーヒーを飲むようにしています。

コーヒーには眠気覚ましなど覚醒作用のあるカフェインが入っていますが、このカフェインの覚醒作用によりアドレナリン・ノルアドレナリンの分泌が増加、脂肪細胞のホルモン感受性リパーゼが活性化され、体脂肪がエネルギーとして使われる状態(遊離脂肪酸)に分解されるのを促進するのだそう。

かつて「有酸素運動を20分以上しないと脂肪は燃焼されない」とされていました。

これは運動開始直後は主に筋肉内のグリコーゲンがエネルギー源として使われ、その後体温上昇や交感神経の興奮によりホルモン感受性リパーゼが活性化し体脂肪を分解し始めて、体脂肪がエネルギー源として使われる比率が多くなるのが大体20分後であることが曲解されたものです。

実際は消費量は少ないものの20分以内の運動でも体脂肪はエネルギー源として使われていますが、運動前にコーヒーを飲むことにより、体脂肪の使用比率を引き上げエネルギー源として多く消費する事が期待できるわけです。

私が今月、毎回トレーニング前30分くらいにブラックをマグカップ1杯飲んで運動してみた感想としては、特に有酸素運動時に持久力が向上しているのが実感できました。

体脂肪の使用比率が増えてグリコーゲンの消費が抑えられた結果、いつもより持久力が出ていると感じたのではないかと思われます。

カフェインを摂取すれば良いということなので、カフェインの含有量が多いエナジードリンクなんかも効果的かもしれません。

ちなみに体脂肪を分解…と言っても、エネルギーとして使われなければまた脂肪細胞に取り込まれますから、コーヒーを飲むだけで痩せるというわけではありませんのでご注意を。

スポンサーリンク

↑Twitterやってます…食事や運動などの小ネタ更新、そしてダイエットの情報交換にもどうぞ
にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク